10歳のpennyちゃんと2歳のチビちゃんとレゴ関連の仕事に携わってるイギリス人の夫と暮らす、Greater London在住のToffeeが思ったことを気ままに書きます。テーマはイギリス、子育て、料理、健康など。。。



義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



プロフィール

Toffee

Author:Toffee
はいたい☆ロンドン郊外在住のToffeeです。レゴランドでレゴマスタービルダーとして働いていた夫とpennyちゃんと楽しく暮らしています。ご訪問の際は、お気軽にコメントを残していってくださいね。ゆたしくうにげーさびら!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



管理人の別のブログ

趣味の音楽と料理を生かしたブログ、それからイギリス英語関連のブログもはじめました。 是非遊びに来てくださいね☆

Melina's Music Room



おすすめアトラクション

私も去年の夏に行ってきましたよ〜。

マダム・タッソー東京には、まだ行けてません。ロンドンのマダム・タッソーには何度も行ったことがあるんですが。。楽しいですよ〜。



Bohemian Rhapsodies

世界中のクイーンファンと音楽関係の著名人によって書かれた話を集めた本が発売されました。クイーンのメンバーとマネージャーのジム・ビーチ氏公認の本で、何と、何と私のファンストーリーも載っています!!!!買ってください!この本の収益はマーキュリー・フェニックス・トラストという、世界規模でエイズと闘っているチャリティ財団へ寄付されるそうです。



おすすめの本


ザ・シークレットザ・シークレット
(2007/10/29)
ロンダ・バーン

商品詳細を見る

ザ・パワーザ・パワー
(2011/04/27)
ロンダ・バーン

商品詳細を見る

私の中ではもうすでに知っている&過去に知らずに 実践していたことがたくさんあったんですが、 状況も状況で少し見失っていたようです。 それを思い出させてくれた本です。 そのお陰か状況がいいように変わってきています。 このブログにお越しの方には是非読んでほしい本です。状況がいいように変わりますよ。



カテゴリー



おすすめショッピングサイト

BuyMa(バイマ) ニッセン



.

日本在住のときには、DHCのクレンジングオイルを愛用していました。イギリスにも売ってないかなー。

DHCオンラインショップ 私の母や姉、妹はファンケルを愛用しています。私の妹の肌はまるで赤ちゃんのようなんですよ。今度実際どの商品を使っているのか聞いてみます。 ファンケルオンライン



★格安国際電話サービス★

ここ数年ではスカイプを使って無料で海外に住んでる友達、家族や恋人と通話できるようになりましたが、家にネットがなくて、いまでも高い国際電話料金を払っているかたに速報です!私が夫と遠距離恋愛中にこんなサービスがあってくれたらよかったのにと思います。



リンク

このブログをリンクに追加する



☆Toffeeのおすすめ☆

私が見つけたイギリスものを紹介しています。

ToffeeのおすすめUKアイテム(本、DVDなど)
Toffeeが見つけたUKフード
THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)

これからもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いします。



☆イギリス生活便利サイト☆

イギリスでの生活に役立つサイトを集めてみました。



今日の献立



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



訪問者数

Thank you very much for visiting my blog!

現在の閲覧者数:



.





.

ブログ広告ならブログ広告.com



ブログ内検索



x



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家探し(続編2)
16日(土曜日)は5つの物件を見に行きました。

午前中は、私たちの住んでる隣町のわりと高い地域にある物件だったんですが、
最初に見に行ったのは、私がネットで見つけた物件で、条件が

*2ベッドルーム付テラスハウス
*レセプションルーム2つ(リビング&ダイニングルーム)
*L字型の室内温室スペース付
*現代風のキッチン
*こぎれいなバスルーム
*庭付

でした。しかもその地域のハイストリートも歩いて行ける距離で、駅も近く、
大きなテスコ(イギリスのスーパー)があるんです!

その家がある道は行き止まりになってるので、車どおりがなく静か。

私も主人もすぐに気に入りました。ちょっと気になったのは、車の
駐車スペースが確保されてないこと。その道から出るときは、
バックでしか出れないことでした。

もうひとつの物件は、不動産屋お勧めのアパートで、条件が

*アート・デコ調の3ベッドルーム付アパートの1階
*リビング&ダイニングルームの広々としたスペース
*大きめのキッチン
*バスルーム&トイレ、また別にトイレが個室でついてること
*ガレージ付
*共同の庭付

この物件は、アート・デコ調でおしゃれっぽくて、個人的には
気に入りました。でも主人いわく1920~30年代くらいに
アガサ・クリスティのミステリー小説の名探偵ポワロ風な独身男性が
こういう家でゲストをもてなしているイメージが浮かんでくると
言って、うーん。。。と唸っていました。

午後見た3つの物件は、1つめは家の状態が汚かったし、家の
設計も気に入らず、2つ目は個人的には結構気に入ったんですが、
主人は気に入らず、3つ目は19世紀半ばごろに建てられたコテージ
だったんですが、内装もヴィクトリア調の雑貨や家具できれいに
コーディネートされていました。ここは私も主人も気に入ったんですが、
スペースが小さめだったのが、欠点でした。


午後に車で移動中、別の不動産屋から電話があって、私たちが現在住んでる町の
駅近辺にあるいい条件のテラスハウスがあると連絡が入って、夕方にダンナが
ひとりで見に行くことになりました。

この家はたぶん2ベッドルームだったと思うんですが、屋根裏スペースを
寝室に改築することもできる可能性もあるし、設計も気に入って、
結構広めの庭もついてて、庭の奥側に小屋がついてて、もしかしたらそこを改装して
オフィスとして使えるかもしれない可能性もあるし、駅から徒歩5分ということで
かなり気に入ったようでした。

土曜日に見た6つの物件の中で、一番最初に見た物件よりもちょっと上回って
いるような感じでした。


実はその日に、住む町の話をしていて、私としてはいい地域で、pennyちゃんの
通う学校が評判のいい学校であればどこでもいいと言ったんですね。
別にいま住んでるこの町だけにこだわってないと。

そこで主人の勤務状況も一緒に考えたんですが、駅に結構近めがいいという
ことだけを考えていて、ちゃんと考えていませんでした。

電車に乗るのって、セントラル・ロンドンにある主人のオフィスに行くとき
だけで、普段はウィンザーにある職場での勤務なんですね。

セントラル・ロンドンにあるオフィスに行くのって多くて週1回なんです。
ほぼ毎日ウィンザーに行ってるんですが、車で運転して行くので、
ラッシュアワーを避けるためか、6時~6時半に家を出るんです。
それで帰りは普段は6時過ぎにウィンザーを出るんですが、1時間半くらい
かかるので帰りが7時半過ぎ、忙しいときは帰りが9時、10時とかで
家族との時間がほとんどないんです。pennyちゃんもダディーに会いたいので
起きて待っていようとするし、普段は7時半にはpennyちゃんを寝かせるんですが、
そのころに帰ってくることがあって、そしたら一緒に遊んで、私と主人の
ディナーも遅くなるし、不便なんですよね。朝は6時前には起きるし。。。

でもウィンザーって、エリザベス女王の公邸のひとつであるウィンザー城が
ある都市で、高級地なので、きっと物件も高いんだろうなと思って、
ウィンザーなんて私たちにとっては夢の土地だと思っていたんです。

それが、ネットでウィンザーの物件を調べてみると、私たちの予算内でも
買える物件があることがわかったんです!!!!!

ウィンザーには何回か行ったことがあるんですが、大好きな都市なんです。
いつか住めたらいいなーと密かに願っていたんですが、でも私たちには
手が届かないとあきらめていました。

私たちでも手が届くんだーーーーー!!!!

私が見つけたいい条件の家はネットで見つけて数時間後には見れなくなって
いたので、もう売れてしまったのかもしれませんが、希望はあります。

隣町のイートンだといくつかあるんですが、イートンの北にある町が
いい地域ではないらしく、ウィンザー内で探してみることにしました。

アパートだと結構ウィンザーの中心街に近めのところにも物件はあるんですが、
一応庭付き、最低2ベッドルーム付の家で探してみます。

ネットから消えていたいい条件の家は、ウィンザーにある主人の職場から
車で10分ほどで、駅からも徒歩25分くらいの距離で、すごくうれしかったです。

約3時間の通勤時間から開放されたら、主人にとっても私たちにとっても
いいです。通勤時間が20分とかになったらいいですね。
普段から仕事量が多くてストレスもたまり気味の主人なので。。。

この周辺に住んでいるのは、きっと主人の実家が近いからだと思うんですが、
ウィーンザーに引っ越したら、実家からは離れるので、たとえば夜に
出かけたいときなど、気軽に頼める人がいなくなってしまいますね。

私は主人の意見を尊重したいので、どの町に住むかは主人に決めさせたいと
思います。

ということで、家探し、まだまだ続きそうです。










スポンサーサイト

テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:結婚・家庭生活


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。