10歳のpennyちゃんと2歳のチビちゃんとレゴ関連の仕事に携わってるイギリス人の夫と暮らす、Greater London在住のToffeeが思ったことを気ままに書きます。テーマはイギリス、子育て、料理、健康など。。。



義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



プロフィール

Toffee

Author:Toffee
はいたい☆ロンドン郊外在住のToffeeです。レゴランドでレゴマスタービルダーとして働いていた夫とpennyちゃんと楽しく暮らしています。ご訪問の際は、お気軽にコメントを残していってくださいね。ゆたしくうにげーさびら!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



管理人の別のブログ

趣味の音楽と料理を生かしたブログ、それからイギリス英語関連のブログもはじめました。 是非遊びに来てくださいね☆

Melina's Music Room



おすすめアトラクション

私も去年の夏に行ってきましたよ〜。

マダム・タッソー東京には、まだ行けてません。ロンドンのマダム・タッソーには何度も行ったことがあるんですが。。楽しいですよ〜。



Bohemian Rhapsodies

世界中のクイーンファンと音楽関係の著名人によって書かれた話を集めた本が発売されました。クイーンのメンバーとマネージャーのジム・ビーチ氏公認の本で、何と、何と私のファンストーリーも載っています!!!!買ってください!この本の収益はマーキュリー・フェニックス・トラストという、世界規模でエイズと闘っているチャリティ財団へ寄付されるそうです。



おすすめの本


ザ・シークレットザ・シークレット
(2007/10/29)
ロンダ・バーン

商品詳細を見る

ザ・パワーザ・パワー
(2011/04/27)
ロンダ・バーン

商品詳細を見る

私の中ではもうすでに知っている&過去に知らずに 実践していたことがたくさんあったんですが、 状況も状況で少し見失っていたようです。 それを思い出させてくれた本です。 そのお陰か状況がいいように変わってきています。 このブログにお越しの方には是非読んでほしい本です。状況がいいように変わりますよ。



カテゴリー



おすすめショッピングサイト

BuyMa(バイマ) ニッセン



.

日本在住のときには、DHCのクレンジングオイルを愛用していました。イギリスにも売ってないかなー。

DHCオンラインショップ 私の母や姉、妹はファンケルを愛用しています。私の妹の肌はまるで赤ちゃんのようなんですよ。今度実際どの商品を使っているのか聞いてみます。 ファンケルオンライン



★格安国際電話サービス★

ここ数年ではスカイプを使って無料で海外に住んでる友達、家族や恋人と通話できるようになりましたが、家にネットがなくて、いまでも高い国際電話料金を払っているかたに速報です!私が夫と遠距離恋愛中にこんなサービスがあってくれたらよかったのにと思います。



リンク

このブログをリンクに追加する



☆Toffeeのおすすめ☆

私が見つけたイギリスものを紹介しています。

ToffeeのおすすめUKアイテム(本、DVDなど)
Toffeeが見つけたUKフード
THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)

これからもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いします。



☆イギリス生活便利サイト☆

イギリスでの生活に役立つサイトを集めてみました。



今日の献立



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



訪問者数

Thank you very much for visiting my blog!

現在の閲覧者数:



.





.

ブログ広告ならブログ広告.com



ブログ内検索



x



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


週末のできごと
土曜日はロンドン、ナイツブリッジにある高級デパート店Harvey Nicholsに用事が
あったので、pennyちゃんを夫に預けてひとりで行ってきました♪

Harvey Nics

その周辺というと、ロンドンの観光名所でも知られている有名なハロッズ
ハイドパークケンジントン・ガーデンズなどがあるんですよ。

ロンドンの都心にせっかく出てきていたので、もう数年も会っていないポーランド人の
お友達に連絡すると、何といまカレッジのオフィスにいるというではありませんか!!
彼はそこから歩いて15分くらいのサウス・ケンジントンにあるインペリアル・カレッジ
博士号取得に向けて研究しているんですが、私はちょうどインペリアル・カレッジ
行こうと思っていたので、ちょうどよかったです。

インペリアル・カレッジというと、私が一番大好きなバンドクィーンが、クィーンという名で
初めてギグを行った場所でもあるし、ギタリストのブライアン・メイの母校でもあるし、
バンドに最後に加入したベーシストのジョン・ディーコンがオーディションを受けた
場所でもあって、クィーンファンとしては、もうたまらないところなんです。

実は家を出る前に、クィーンがギグを行った場所の地図を持っていたので、それを
頼りに向かいました。

その通りにあるいくつかの有名な場所です。

ロイヤル・アルバート・ホール
Royal Albert Hall


世界一流の音楽大学ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック
Royal college of music


そこからどこに行っていいかわからなくなっていたところに、友達から携帯に
電話がかかってきて、ちょうどロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック
目の前にいるよというと迎えに来てくれました。

4年ぶりの再会です。

そこで、実はクィーンのギグが行われたインペリアル・カレッジの
Student Unionに行きたいというと、「いいよ」と言って連れて行って
くれました。そこでたまにランチなどを取っているとのこと。
Imperial college student union

そこで私の大好きなサマードリンク、『ピムズ&レモネード』をご馳走に
なりました。私の大好きなフレディ・マーキュリーがこの場所にいたんだと
思うと、かなりワクワクしてうれしくなりました。

入り口のアップの写真です
Imperial college student union2

とそこに突然クィーンの曲が流れてきたので、私のテンションはかなり高くなって
「Oh my God! Freddie is here!!」と顔がかなりほころんで、にやけてしまいました。

久しぶりの再会に会話もかなり弾みました。

それから彼のオフィスにも連れていてもらって、その周辺の雰囲気のいい
カフェに行って、友達のガールフレンドと合流して、そのあとはチャイニーズ・
レストランへ食事しに行きました。

久しぶりに友達との時間を満喫できて、とても楽しい日となりました。

しかも私が行きたかった場所にもついに行けたし。。。

日曜日の出来事は次回に。。。
スポンサーサイト

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報


週末のできごと
日曜日は、先月に亡くなった主人のおじいちゃんの家にみんなで集まって
遺品をもらいに行きました。

みんなで集まったのはお葬式以来でした。

お義母さんが、平等にするために、自分が欲しいと思ったものに名札をつけて、
もし1つのものに2人以上の名札がついていたら、その人たちで話し合って、
誰がもらうか決めようと提案しました。貰い手がないものは、すべてブーツセールで
売るか、チャリティーショップにあげるそうです。

私は直接血のつながった家族ではないので、私がいいなと思っても、おじいちゃんと
血の繋がった家族が欲しいと言ったら、すぐにあげるつもりでいました。
貰い手がいなくて、私がいいなと思ったものは、もらうつもりでした。
よそに行ってしまうよりはいいですよね。

私はまず向かったのはリビングルームにある本棚。
義弟の彼女も私と同じく料理が好きなようなので、2人でレシピ本を眺めて名札を
つけていきました。義弟の彼女は、1つだけ欲しいのがあって、私はそれを譲りました。
かなりのレシピ本や健康に関する本をもらいました。
健康に関する本は、数年前おじいちゃんから貰った本数冊と同じシリーズだったので
うれしかったです。

それから、私はミュシャの作品が大好きなんですが、家の中に飾ってあったミュシャの
壁掛けの作品と、ミュシャのデザインの鏡をもらいました!!
誰もいらないなんて、びっくりです。壁掛けの作品は2つあったんですが、義弟の彼女も
ほしいと言っていたので、1つずつ貰うことにしました。

私はこの他にも、おばあちゃんのアクセサリーやクリスタルのドレッサーに飾る置物なども
貰えたんですよ。

お昼には、叔母さんがみんなにサンドイッチを振舞ってくれました。
すごく美味しかったです。

叔母さんの息子2人は、明日(今日ですね)から友達10人で中国に行くと楽しそうに
話していました。

朝の10時半にみんなで集まったんですが、何と帰ったのは夜の8時過ぎでした。
おしゃべりしながらだったこともあってか、こんなに長くかかってしまいました。

ところで、この家は今年の12月ごろ売りに出すようですが、それまで私達が住んでも
いいことになりました。

その間家賃代が浮くのでいいのですが、その後のことなどもよく考えて検討中です。

大きな庭付きの、3ベッドルーム付きの大きなお家なんですよ。
今の1ベッドルームのフラットに比べるとかなり豪華です。

この間の週末には家から歩いて5分の大きな公園で、サマーフェスティバルがあったん
ですが、そのことは次回にでも書きますね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


あれから。。。
この前書いた日記に、育児で悩んでいたことを書きましたが、育児本やサイト、
それから母からの励ましのメールなどのお陰で、もうすっかり元気になりました。

前までpennyちゃんがかんしゃくを起こして、モノを投げたり、叩いてきたりしたら、
その行動に対して怒ってしまっていて、何でそういう態度になるのかという原因を
考えていませんでした。

私は例えばご飯を床に投げつけられたときには、激怒して投げた手をパシッと
叩いていました。それで余計pennyちゃんも怒って泣き叫ぶ感じでした。

それが最近ではそういうヘンな行動を起こす前に、怒ってる理由などを聞いたり、
話を聞いてあげているのでモノを投げつけたりするということがほとんどなくなりました。

私は2つのことを同時にすることが苦手で、両立なんてどっちかが疎かになりがち
です。最近は仕事が忙しくなったり、他にも考えることがたくさんあったので、
pennyちゃんの相手をするのが疎かになっていたようです。
ひとり遊びが上手なのをいいことに、ちゃんと向き合ってあげられてなかったというか、
いま考えると反省する点がたくさんあります。

それが今週に入ってpennyちゃん中心の生活に変えたんですが(pennyちゃんの様子が
落ち着くまで)、先週までと全然違います。すごく良くなりました。

育児サイトに、小さい子が悪さをするときには、理由がいろいろあって、単にお母さんの
関心をひきつけたいだけということも含まれていました。その場合、そこで叱りつけても、
また同じことをするとありました。お母さんがいつも自分をしっかり見ててくれるという
安心感がない子は、どうにかしてお母さんが自分を見てくれるように、いろんなことを
するようです。イタズラなどをすれば、お母さんの関心が自分に向くので、例え怒られることに
なっても、お母さんが自分を見てくれると喜ぶようなことが書かれてありました。
だからそこで、ただ叱りつけても、また同じようなことをするとのこと。

そのことを踏まえて、pennyちゃんの相手をするだけでもだいぶ変わりました。
もちろん、オシメを替えるときや、自分が今したくないことをするときに、あっかんべーしたり
逃げ出したりすることがって、度が過ぎると怒ることはあります。でも前ほどイライラすることが
ほとんどなくなりました。

この前まで、あまりにもイライラさせられることがあって、顔にも出てしまっていて
pennyちゃんにも

「Mummy, be happy」

と言われたりしていました。

お母さんは家族の太陽であると円満な家庭になると聞いたことがあります。
私も夫やpennyちゃんにとって、太陽の存在でありたいなーと思います。

だから、ちょっとのことでもカリカリせず、ストレスなどをうまく発散させて、pennyちゃんの
前では、いつでも笑っていられるようでありたいなー。

最近はストレス発散に、好きなピアノを弾いています。pennyちゃんが寝ているときなどに
弾いています。youtubeにも自分が弾いた曲を載せたりしているんですよ。
趣味程度で弾いているレベルなので、そんなに上手くはありませんが。。。





テーマ:育児日記 - ジャンル:育児


子育て
最近pennyちゃんの反抗期が続いていて、精神的にかなり滅入っていました。
pennyちゃんと衝突ばかりして、精神的にかなり辛かったです。

そこで私が持っている子育て関連の本を数冊引っ張り出してきて、数日前から
読み返していました。

自分がわからないことで、その答えを求めていると、ふと耳にした誰かの会話や、
テレビ、ラジオから、またはふとめくった本の中に答えが見つかることがよく
あります。

今回の場合、手に取ったのが子育てハッピーアドバイスという
子育て関連本シリーズだったということもあったんですが
私が知りたかった答えが載っていました。

『反抗は自立のサインで、イタズラは自発性が育ってきている証拠』
『子供は言うことを聞かない』
『子供は自己中心的』
『子供は甘えと反抗を繰り返して大きくなる』

など。そんなの当たり前って思う方がいらっしゃるかもしれませんが、実際に
言うことを聞かない子供の相手をしていると、そういうことも考える余裕がなくなって
イライラしてしまって、怒ってばかりになりがちです。これもダメ、あれもダメと
言われると余計pennyちゃんの反抗心が強まるようで、かなり悪循環でした。

でも、こういうことが身にしみてわかった今、同じことをされても

「子供ってこういうもんだから」

と思えるようになると、イライラしなくなって怒らなくなったので、pennyちゃんの態度も
落ち着いてきた感じがします。

pennyちゃんがかんしゃくを起こすと、私はよくpennyちゃんに叩かれていたんですが、
叩くのはいけないので怒ると、pennyちゃんも余計泣きわめいて大変でした。

それが昨日から、なくなりました。昨日、pennyちゃんの機嫌が少し悪かったときに
軽く叩かれたんですが、そのときにpennyちゃんに

「人を叩いたら、ダメだよ。そのかわりこうやって優しく撫でるんだよ」

と優しく撫でると、喜んで私のことを撫でてくれました。

そのことがあってから、まだ一度も叩かれていません。

子供の反抗心のことなどは子育てハッピーアドバイス3という本が、すごく役に
立っています。

子育てというのは、こうすれば絶対にいいというものはなくて、子供の性格なども
見て様子を見ながら、その子供に合った子育ての仕方があると思います。

社会のルールなど、教えるべきことはちゃんと教え込んで、あとはそれぞれの
子供の個性を尊重してあげながら、のびのびと育てていけたらな。

まだまだ未熟なママですが、これからもpennyちゃんと一緒に成長していきたいと
思っています。



テーマ:2歳児の日常 - ジャンル:育児


ダンディーケーキ
先週の木曜日にあった夫のおじいちゃんのお葬式の日に焼いて持っていくと、
前日夜中の3時過ぎまで起きて焼いたケーキです。

焼く前

ダンディーケーキ


これが焼いた後です。

ダンディーケーキ2


1時間半から2時間焼くとあったので、焼き加減がわからなかったので
ちょっと焼きすぎてしまいました。この次に焼いたものは、少し早めに
取り出したんですよ。

そうなんです。お葬式のとき、ケーキを2つ焼いて持っていったんです。
夫のおじいちゃん直伝のレシピなんですが、1950年代に出版された
レシピ本の間に、おじいちゃん手書きの材料が書かれてあって、
その本に載っていたレシピとは材料や量も違っていて(量は多めでした)、
きっと家族用に大きめなケーキを作るんで、自分で分量を調節して、
何回も試してこの手書きの材料と分量に決めたんだなと思いました。
作り方は載っていなかったので、レシピ本を参考に作りました。

私は大きめなケーキ型は持っていなかったので、2つに分けて焼きました。

お葬式が終わって、参加者がおじいちゃんの家に集まったときに、デザート
として、ケーキを出したんですが、みんなすっごくおいしいって喜んでくれました。
帰り際にわざわざ私のところに来て、「ケーキすっごくおいしかったよ」と
言いに来てくれた人までいたんですよ。感激しました。

私はこのダンディーケーキなるものを見たことも、食べたこともなかったので
少し不安だったんですが、ケーキを叔母さんに見せてみると、

「これはまさしく、お父さんが作っていたものと同じだわ!!」

と感激してくれました。お義母さんも、自分のお父さんがむかし作っていた
ケーキを、お葬式のときに作ってくれたと感激してくれたようです。

軽食を食べているときに、ちょうど叔母さんの義理のお母さん(去年亡くなった
ダンナさんのお母さん)と隣になって、おしゃべりしていたんですが、

「実は、このダンディーケーキ、最後にアルビーに会ったときに『次、お見舞いに来る
ときに焼いてもってくるからね』って約束していて、結局作ってあげられなかったんです。
それで今日作ってきたんですよ」

と話すと、

「その気持ちは、きっとアルビーにも伝わっていると思うわよ。こういうことを信じない人も
いるかもしれないけど、私はそう思うわよ」

と言ってくれました。

すっごく嬉しかったです。

このケーキのレシピは、夫のおじいちゃん直伝のもので、貴重なものなので、載せることが
できないんですが、本に載っていたレシピを今度載せますね。ずっしりと重いケーキで、
卵も卵白、卵黄分けて混ぜなくていいし、簡単ですよ。




テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ


お葬式
先週の木曜日(26日)に、夫のおじいちゃんのお葬式がありました。
まずは、おじいちゃんの家に家族みんなで集まって、それから火葬場へと
向かいました。

夫はスピーチのことで少し緊張していて、自分で読めるかどうかわからなかったん
ですが、本番になって、親族代表のスピーチで、名前を呼ばれると、すっと
立ち上がり、緊張した様子も全くなく、途中で笑いを誘うくらい素晴らしい
スピーチを読み上げました。

このスピーチは、おじいちゃんとの思い出のことを書いたスピーチで、普通の人が
知らない楽しいエピソードがいくつかあったので、おじいちゃんの友人や親戚などが
聞いてもおかしかったと思います。

例えば、おじいちゃんは典型的なイギリス人で、海外旅行に行っても、イギリス料理を
いつも食べていたそうで、おじいちゃんとおばあちゃんが、幼かった夫とお義姉さんを
デンマークに旅行に連れて行ってくれたときの話で、チップス(フライドポテトのこと)を
注文しようとしたら、通じずチィーーップス!!!
大きな声で言ったこととか(大きな声で言えば通じると思ったようです)、スリランカに
おばあちゃんと2人で旅行に行ったときは、さすがにイギリス料理が見当たらず、
何でもカレー味の食べものばかりで、うんざりしたそうです。

旅行したのが12月で、クリスマスの日には、イギリスで知り合ったスリランカ在住の
スリランカ人に招待されて、クリスマスディナーをご馳走になったそうですが、
ローストチキンを振舞ってくれると聞いて

「This is more like it!」
と思い、期待していたそうです。

が、出てきたのはカレー味のローストチキン、これまたカレー味のローストポテトだった
とのこと。

家族の集まりがあると、ソファーで眠りこけてしまうおじいちゃんは、

「寝てるの?」

という聞かれると、パッと目を開けて

「いやいや、ただまぶたを休めさせていただけだよ」

というようなことをいつも言っていました。

こういう楽しいエピソードなども交えたスピーチだったので、みんなの悲しい気持ちを
いっそう暗くさせることない、本当に素晴らしいスピーチでした。

お葬式が終わったあとは、おじいちゃんの家へ戻って、参加者で軽食を食べながら
おじいちゃんとの思い出話をしたり、わりと楽しく過ごしました。

ケーキの話は次回に。。。


ところで、お葬式のときに使われた曲は、お義母さんが選んだんですが、
そのうちの1曲が、これでした。

ちょっと違うバージョンなんですが、お義母さんが小さいときに聞いた思い出のある
曲だそうです。

孫や曾孫たちの間では、Poppaという愛称で呼ばれていたので、ふさわしいですよね。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。